シックハウス症候群の症状や意外な原因、対策についてもご紹介!

シックハウス症候群の症状や意外な原因、対策についてもご紹介!

住居での快適な生活を脅かすもののひとつに“シックハウス症候群”というものがあります。

みなさまも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? 建築に用いられる建材が原因で起こる症状という漠然とした知識のみで、具体的にどのようなものであるかはあまり広くは知られていません。

そこで今回はシックハウス症候群の症状や原因、対策についてご説明します。

シックハウスとは?原因は?

シックハウス症候群とは?

シックハウス症候群になると、花粉症や風邪、アレルギー、ぜんそくのような症状を発症します。ほとんどは住宅建築の際に用いられる建材や家具などに含まれる化学物質が原因として起こりますが、カビやダニ、お掃除が行き届いていないお部屋でのホコリや汚れが引き起こす場合もあります。

つまり、シックハウス症候群とは『居住者の健康を維持する点において問題のある家でみられる健康被害の総称』ということになります。

シックハウス症候群を引き起こす化学物質

シックハウス症候群を引き起こす化学物質の代表的なものには、ホルムアルデヒド・アセトアルデヒド・トルエン・キシレン・エチルベンゼンなどがあります。また、これらの化学物質は揮発性のため寒い冬よりも室内温度が上昇しやすい夏に、室内で濃度が高くなり健康被害を起こしやすい傾向があります。

シックハウス症候群が発祥しやすい条件

夏場の他にも、換気をあまりしない部屋や気密性が高く空気が循環しにくいお部屋、新築やリフォームしたてのお部屋などに居ると発症しやすくなるため、いずれかに当てはまる場合は注意しましょう。家具を新調したり、お部屋のお掃除をサボっていたりするときなどもシックハウス症候群の原因になります。

シックハウス症候群対策①内装材を見直す

家は安らぎの場であるはずなのに、家に居ることで健康を損なってしまうのは悲しいことです。シックハウス症候群はどんな方にも発症しうる可能性があるので、気になったらすぐに対策を行うことをおすすめします。

それでは、シックハウス症候群の対策をみていきましょう。

安全性の高い天然素材を用いる

フローリングや壁には天然素材である無垢材を使用することにより室内環境を安全に整えることができます。

調湿や吸着性のある素材を用いる

壁は無垢材の他にも珪藻土や白竹炭などを原料とした塗料を用いることで安全性や吸湿性、吸臭性の効果を得ることができます。中には有害物質であるホルムアルデヒドを吸着してくれるものも存在します。

調湿効果はカビやダニの発生を抑え、化学物質意外が原因で起こるシックハウス症候群の対策にもつながります。

シックハウス症候群対策②カビ対策の整った設備を

シックハウス症候群は化学物質だけでなく、カビやダニも原因になりえます。現在の住宅は昔の家とは違い、気密性が高くなっています。エネルギー効率が上がり、ポジティブな印象がありますが、気密性が高いということは空気の循環が悪く湿気が家に溜まりやすくなるということです。湿気が溜まりやすくなればカビが発生しやすくなるため、シックハウス症候群の原因になりかねません。

暖かい空気は上部に集まる性質があり、一見カビの無い家なのに、カビの臭いが家中でするため、屋根裏を開けてるとカビだらけだったという話もあります。サッシの結露もカビの原因です。

屋根裏に換気口をつくり、断熱サッシを用いて換気システムの見直しなどの対策をすることで、お部屋の湿気や結露の発生を防ぐことができます。換気システムは湿気対策と同時に有害物質を外へと排出してくれる役割も担ってくれます。

シックハウス症候群対策③生活環境からのアプローチ

これまではお家の内装や設備について言及してきましたが、住宅の内装や設備を変更するだけでなく日々の暮らしの中でもシックハウス症候群対策を講じることができます。

お部屋の換気をこまめにする

24時間換気システムを利用し、1日のうちに何度か換気を行うと、空気中に漂う有害物質を排出することができます。夏の時期は気温の上昇により化学物質が揮発し、放散しやすくなるため、窓を閉め切らないようにするなどの工夫をしましょう。

化学物質の発生源はいたるところに

内装に用いられる建材以外にも家具や絨毯に用いられている化学成分や、お部屋の消臭剤、洗剤、防虫剤などもシックハウス症候群の原因となります。建材や設備以外の日用品に含まれている化学物質にも気を付けるようにしましょう。

まとめ

シックハウス症候群の原因や対策について

シックハウス症候群の原因や対策についてご説明させていただきました。

シックハウス症候群は建材に含まれる化学物質が原因ということは広く知られていることですが、カビやダニ、また建材以外のお家で使用している家具や日用品から発生する化学物質によるものなど、実に幅広いものが原因になります。

そのため、さまざまな方向から対策のアプローチを行うことが大切です。

「株式会社石山総合サービス」では、シックハウス症候群対策を考慮した安心安全な住宅づくりやリフォームなどを行っております。

施工主様に寄り添った対応を心掛け、他社と同じ施工内容のものをより高品質に低価格に抑えて提供させていただきたいと考えております。
シックハウス対策にご興味のあるお方はぜひ一度お問い合わせください。

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031