バリアフリー・リフォームに必要な費用やよくある質問を分かりやすく解説

バリアフリー・リフォームに必要な費用やよくある質問を分かりやすく解説

バリアフリー・リフォームにかかる費用について疑問を持っている方のために、この記事ではバリアフリー・リフォームに関して、一戸建てとマンションの場合に分けて詳しく解説します。

また、バリアフリー・リフォームに関しての質問にも回答いたします。

バリアフリー・リフォームを検討している方や、これからバリアフリー・リフォームを行う方は、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

バリアフリー・リフォーム<一戸建て>

はじめに、こちらの項目では一戸建ての住居で可能なバリアフリー・リフォームの種類と、工事に必要な費用について紹介していきます。一戸建てに住んでいる方で、バリアフリー・リフォームを考えている方は、こちらの項目をしっかり読み進めて参考にしてください。

一戸建てのバリアフリー・リフォーム

一戸建てでバリアフリー・リフォームを行う場合、自由度が高く、間取りの変更なども同時に行うこともありますが、今回はバリアフリーのみに焦点を合わせて紹介していきます。

バリアフリー・リフォームには、大きく分けて2種類の工事があります。1つ目は、手すりを設置する工事で、もう1つは、段差を無くしてしまう工事です。一戸建ての場合、家の中に階段があることがほとんどなので、手すりの設置範囲が広くなる傾向にあります。

浴槽やトイレに手すりを追加する場合、L字型の手すりがおすすめで、座ったときでも立ち上がったときでも掴むことができる位置に設置することが重要なポイントととなります。また、一戸建てのバリアフリー・リフォームで見落としがちなのはドアの取り換えです。段差が少ない引き戸に変更すると、バリアフリーにできます。

一戸建てのバリアフリー・リフォームにかかる費用

一戸建てのバリアフリー・リフォームでかかる費用は、安いものだとトイレのL字型の手すりの設置を50,000円ほどから行うことができます。浴室の段差を改善したり、浴槽を変更したりするリフォームになると費用は一気に高くなり、100万円を超える場合もあります。一戸建てのバリアフリー・リフォームは、できるだけ事前に予定を組み、予算を準備しておくことが重要です。

バリアフリー・リフォーム<マンション>

続いては、マンションでのバリアフリー・リフォームを行う場合に、工事可能な内容と費用について解説します。マンションでのバリアフリー・リフォームを考えている方は、こちらをしっかり確認し、参考にしてください。

マンションに必要なバリアフリー・リフォーム

マンションでバリアフリー・リフォームを行う場合、玄関のドアや浴室を大きく拡張したりすることは難しく、下の階への影響が出てしまう箇所における段差の解消が難しいなど、リフォームができる範囲はかなり制限されます。

そのため、マンションで行うことができるバリアフリー・リフォームの内容としては、室内の段差の解消工事や、廊下の手すりの取り付け工事、浴槽の付け替え工事、室内ドアの付け替え工事、床材の張り替え工事、キッチンの取り換え工事などになります。

マンションのバリアフリー・リフォームを考えるときには、大規模な工事を行うのではなく、小さな工事でバリアフリー化することを視野に入れておきましょう。

マンションのバリアフリー・リフォームにかかる費用

マンションのバリアフリー・リフォームは一戸建てのものとは違い、小規模の工事になることが多く比較的低予算で行うことができます。

具体的には、室内ドアの付け替え工事で50,000円ほど、段差の解消工事は1ヶ所20,000円ほどで行うことが可能です。

バリアフリー・リフォームの注意点

実際にバリアフリー・リフォームを行う際に注意しておきたい項目としては、材料やごみを搬入・搬出する経路や、近隣への呼びかけなどがあります。特に、浴室内の大規模改善工事や、間取りを変更するほどの大型リフォームの場合は、必ず事前に近隣に呼びかけを行うようにしておきましょう。

また、マンションではトラックを近くに置いたまま作業をすることができなかったり、搬入・搬出でエレベーターを使用できなかったりすると、追加で費用が発生することも考えられるため注意が必要です。バリアフリー・リフォームは、完了後に改善点が見つかりやすい工事となるので、依頼する業者はアフターフォローが行き届いている業者を選択するようにしておきましょう。

バリアフリー・リフォームに関してよくある質問

最後に、バリアフリー・リフォームに関してよくある質問を回答していきたいと思います。バリアフリー・リフォームに対して疑問を持っている方は、こちらを確認してください。

  • 手すりを1ヶ所取り付けるのみの小規模も依頼できますか?

手すりを1ヶ所取り付けるだけ、段差を1ヶ所解消するだけといった小規模の工事の依頼も可能です。むしろいきなり全てをバリアフリー化するのではなく、順番に行う方が予算的にもおすすめの方法です。

  • 一戸建てでは建て替えとリフォームどちらがいいですか?

建て替えとリフォームでは工事の規模が大きく変わってくるのと、一度他の場所に移住しなければいけないなどの兼ね合いもあるので、バリアフリー化のみが目的の場合はリフォームをおすすめします。

  • 住みながらリフォームは可能ですか?

バリアフリー・リフォームを業者に依頼する場合であっても、住みながら工事をすることは可能です。また、仕事などで立ち会いができない場合にも、工事は進行するので安心して依頼してみましょう。

まとめ

バリアフリー・リフォームについて紹介

今回はバリアフリー・リフォームについて紹介してきましたが、一戸建ての場合、自由度の高いリフォームができ、マンションでは限られたリフォームしかできないことが分かりました。

「株式会社石山総合サービス」では、住宅に合ったリフォームプランをご予算に合わせて提案しています。

住宅のバリアフリー化を検討している方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031