水周りリメイクコーティングの溶剤とは? どんなコーティングをするの?

水周りリメイクコーティングの溶剤とは? どんなコーティングをするの?

毎日使用する水周り。その分汚れがたまったり、キズが付きやすかったりと、デリケートな部分でもあります。
しかしながらコーティングを行うことによって、新品同様の状態を保つことができます。今回はそのときに用いられるコーティング剤についてご紹介いたします。

水周りのリメイクとは

まずは水周りのリメイクについての説明をしていきたいと思います。リフォームとの違いについても説明いたします。

劣化した設備を新品同様に

リフォームは、現状の設備を取り払い、新品に取り換える作業のことをいいます。一方のリメイクとは、このコーティングをして新品同様の状態に戻します。頑固な汚れや深いキズなどを補修できます。

リメイクのメリット

リメイクを行うメリットは、リフォームに比べて、費用が抑えられることです。既存の設備を解体する必要がないので、そこに掛かる経費を減らせます。また、施工期間が短いことも利点の一つです。使用頻度の高い水周りが長期間使えないと相当なストレスになってしまいます。リメイクは工事の期間が長くても半日ほどなので長期間設備が使えないストレスがありません。

コーティングとは

コーティングとは

コーティングとは、シンクなどの表面をコーティング剤で覆うことを言います。その効果として、汚れや水アカなどを付着させにくくするというものがあります。
また、もし汚れがついてしまった場合でも、コーティングを施していない場合よりも、落ちやすくなります。そのため、育児やお仕事などでお掃除に時間を割けない方でも、水周りをきれいに保ち続けられます。

コーティングの種類

コーティング剤の種類は主に2つで、どちらにも優れた点と弱点があります。自らのライフスタイルに合わせて選んでいきましょう。

フッ素コーティング

フッ素コーティングは、フッ素樹脂の皮膜で素材を覆うコーティングです。汚れや水アカに効果を発揮し、使用頻度が高い、シンクや蛇口などに使用するのがよいでしょう。反面、カビには効果が発揮されません。また、コーティングの被膜が柔らかい分、キズが付きやすいデメリットもあります。しかしながら、ご自身でコーティングをするときには手軽なので、やりやすいメリットがあります。ご自身による応急処置やお試しでのご使用におすすめです。

シリコンコーティング

シリコンコーティングは、フッ素コーティングのワンランク上に位置づけられるコーティング方法です。先ほど紹介したフッ素コーティングでは防止できなかったカビにも効果があります。持続性も高く、こちらは3年ほど汚れなどから水周りを守ってくれます。反面、シリコンコーティングは熟練の技術を必要とします。ご自身で手軽にコーティングができない点がデメリットとなります。

水周り各所に対応したコーティング剤

さて、上記でコーティングについて2種類に分けましたが、近年ではご家庭でも効果が高いコーティング剤が発売されています。家庭で簡単に使えるコーティング剤についても紹介していきます。

どのような分類がされているか

コーティング剤の分類は、主に水周りですと、シンク用、トイレ用、バスタブ用、そして洗面台用と分類されています。共通の効果として、水アカが落ちやすいものがあります。また、プロが使用しているものと同等の効果があるため、持続性が高い点も特徴となります。

簡単にお手入れコーティングフロス

プロの技術をご家庭で再現、これを実現してくれるのが、コーティングクロスです。こちらサッと拭くだけで、汚れを落とし、さらにそのコーティングと同じように、汚れが付きやすい、また落としやすい効果が期待できます。

まとめ

水周りのリメイク、とりわけコーティング剤について紹介をしてきました。普段からよく使う水周りですから、きれいな状態を保ちたいものです。掃除だけで対処が追い付かなくなったら、ぜひ利用をしてみてください。DIYの延長でご自身でも簡単にコーティングを施せます。効果を実感してみるには最適です。また本格的なリメイクをしたい場合には業者に頼むとよいでしょう。
「株式会社石山総合サービス」の水周りリメイクコーティングでは、確実に「キズ」や「汚れ」を除去し、新品と同様の輝きを取り戻します。バスルームやキッチン、お手洗いや洗面台のコーティングなどを行っています。新品のような水周りにしたいという方は、ぜひご利用ください。

 

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031