水まわりリメイクコーティングをお得に済ませる基礎知識|洗面台編

水周りリメイクコーティングは掃除が簡単になるって本当?

洗面台の頑固な汚れやひび割れなどのダメージが気になっていませんか。その場合はリフォームよりも水まわりリメイクコーティングを取り扱う業者に相談しましょう。
洗面台をリメイクコーティングすることで、リフォームよりも短時間かつ低コストできれいにできます。リメイクコーティングに関するよくある質問や、洗面台リメイクコーティングのメリットについて解説します。

洗面台コーティングの大まかな流れ

洗面台リメイクコーティングの流れは、一般的に以下の通りになります。
  1. 業者に相談(公式ホームページでの問い合わせ)
  2. 業者からお客さんに連絡、お客さんが提供した洗面台の写真などによる調査(業者による自宅訪問の場合あり)
  3. 業者からの見積もりの決定
  4. お客さんが見積もりに同意した場合、正式なコーティング依頼
  5. 業者とお客さんの間でのスケジュール調整
  6. 予定した日程に業者が自宅を訪問し、施工開始
  7. 洗面台の養生(コーティング剤のこぼれなどによる室内の余分な汚れを防ぐため)
  8. 洗面台の清掃(特殊な洗浄剤による研磨やコーティング剤密着のための加工など)
  9. コーティング作業

業者との見積もりを含めた綿密な打ち合わせの機会が設けられるので、洗面台に関する悩みを正確に相談できます。業者が施行前に洗面台に対する養生をしてくれる配慮など、室内に余計な汚れをつけず作業を行う場合が多いです。

洗面台はリフォームよりリメイクがお得

洗面台をきれいにするならリフォームよりもリメイクがおすすめです。その方がコスト面で安く済むからです。一般的に、落ちない汚れやダメージが目立つ洗面台をきれいにするには、リフォームしかないと考える人もいるようです。しかしリフォームは洗面台の交換や壁などの周辺の取り壊しを伴うため、作業時間も長く、コストも高くつきます。リフォームのコストを気にして、洗面台をきれいにすることを諦める人もいるでしょう。

しかし洗面台のリメイクコーティングなら、備品の交換や壁などの取り壊しを伴わないため、作業規模も小さく、コストも抑えられます。一般的に洗面台のような水まわりリメイクコーティングはリフォームの10分の1から20分の1までコストを抑えられます。浮いた費用で自宅の別部分の改装や改築もできます。

洗面台コーティングの前にクリーニングを済ませておこう

洗面台リメイクコーティングを安く済ませるには、事前にきれいにできる部分は自力で掃除しておくことが大切です。

洗面台に限らず、リメイクコーティングの施工は最初に対象となるゾーンの掃除から始まります。汚れを放置し過ぎると掃除に時間がかかり、費用も高くなります。少しでもコストを抑えるには、落とせる汚れは自力で落としましょう。

例えば鏡や蛇口の水垢は、できる限り自力での掃除が望ましいです。鏡の水垢は、酢を染み込ませた雑巾で汚れを落とし、水で酢を拭き取りましょう。ただし金属の蛇口の水垢を酢で掃除すると、酸化による腐食が起きます。重曹を振りかけ、柔らかい歯ブラシで研磨し、雑巾で乾拭きしてください。

洗面ボウルは全体を濡らし、重曹水をスプレーなどでかけ、メラニンスポンジで拭き、雑巾での乾拭きで仕上げるとよいです。洗面台下の収納スペースも中身を整理したり、ホコリなどを拭き取ったりしておきましょう。

洗面台リメイクコーティングに関するFAQ

洗面台リメイクコーディングに関してよくある質問にお答えします。

Q.施工はどれくらいかかる?

洗面台リメイクコーティングの施工期間は多くの場合、1日で終わります。従来のリフォームだと洗面台の交換や周辺の取り壊しなど大規模な作業を要するため、長ければ1週間かかることもあります。

しかし水まわりのリメイクコーティングは備品を一切動かさずにきれいに仕立てることが目的なので、作業規模も小さく、時間もリフォームと比べ大幅に短縮できます。

Q.ひび割れがあるけど大丈夫?

リメイクコーティングでは、ひび割れの修繕も可能です。多くの人はひび割れや落ちない汚れなど、自分では手に負えないダメージが洗面台にあるとリフォームしなければ解決できないと考えている方も多いようです。しかし、水まわりリメイクコーティングでは、作業過程でひび割れの修繕もでき、落ちない汚れも新品同然まで掃除します。

Q.コーティングなどによる環境面の影響はある?

洗面台のリメイクコーティングは、リフォームと比べ環境面への影響が大幅に少ないです。無害に近い条件で作業を進められます。リフォームは備品交換、壁などの取り壊しを伴うため、産業廃棄物の処理が必要になり、騒音などによる近隣住民への迷惑も考慮しなければなりません。一方でリメイクコーティングは作業規模が小さいので、産業廃棄物や騒音のリスクはほとんどありません。そのためリフォームよりも気軽に依頼できます。

Q.コーティング後の耐久性は大丈夫?

洗面台につけたコーティング剤は耐久性が高く、経年劣化から本体を守ってくれます。長ければ10年以上持つコーティング剤もあります。リフォームで交換することなく、洗面台を新品に近い状態で長く使えるのでお得です。コーティング剤は業者により違うので、あらかじめ業者に耐久性を聞くといいでしょう。

まとめ

リフォームの場合は洗面台を丸ごと交換するだけでなく、周辺の壁などを取り壊す必要もあります。リメイクコーティングはそのようなことが一切なく、小規模の作業で洗面台をきれいに改められます。 リメイクコーティングはリフォームよりも作業内容が簡易的なので、コストも10分の1から20分の1で済ませられ、産業廃棄物や環境面でのリスクも考えなくて済みます。
「株式会社石山総合サービス」では洗面台をはじめ、水まわりのリメイクコーティングを取り扱っています。今、洗面台のダメージや頑固な汚れに悩んでいる人は、「石山総合サービス」にぜひご相談してみませんか。

 

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930