キッチンリフォームに主にかかる費用と注意点とは?

キッチンリフォームに主にかかる費用と注意点とは?

キッチンをリフォームしたい場合、どのようにリフォームをしたらいいのか迷う方や、キッチンリフォームにかかる費用について考える方も多いでしょう。

この記事ではキッチンリフォームにかかる費用と価格によってどの程度リフォームができるのかについて1つずつ紹介していきます。

この記事を読んで、自分の理想のキッチンを手に入れてみましょう。

キッチンに主にかかる費用はどれか?

キッチンをリフォームする時に主にかかる費用としては「キッチン本体」「キッチンパネルなどの周辺工事の材料費」「設置するための工事費」の3つです。

キッチン本体

キッチン本体はガスコンロなど、さまざまな機能にこだわっていくほど費用が高くなっていきます。扉材の選び方だけで数万円変わることもありますので、カタログなどで価格帯をしっかり調べておくことがおすすめです。

キッチンパネルなどの周辺工事の材料費

床材やキッチンパネルも一緒にリフォームをする場合はそれらの材料費が必要になってきます。キッチン周りの床材は油などが飛び散っていて劣化している可能性も十分にありますので、キッチンリフォームのついでに交換する方もたくさんいらっしゃいます。

設置するための工事費

従来のキッチンからどれぐらいのリフォームを行うかによって必要となる工事の内容や費用が変わってきます。キッチンのサイズや位置の変更がないのであれば給排水管・排気ダクトを移設する必要がないので費用を抑えることが可能です。

各予算でどこまでキッチンリフォームを行うことができるのか?

予算によってキッチンのリフォーム内容は変わってくるはわかっているかと思いますが、どの程度できるのかあまり想像できない人も多いかもしれません。ここでは「50万円以下」「50万円以上150万円以内」「それ以上かかるもの」に分けて紹介していきます。

  • 50万円以下

50万円以下の場合ですと、部分的なリフォームを行うことが可能です。換気扇・コンロの交換食洗器を新規に設置するといった内容であれば50万円以内に抑えることができます。また、ワンルームの部屋にある小さいキッチンであれば50万円以内で工事可能な場合がありますが一戸建てやファミリー向けのマンションでキッチン全体を変えたい場合は50万円以下では厳しいでしょう。

  • 50万円以上150万円以内

キッチンのリフォームで多いのはこのあたりの価格帯でしょう。ここまで差がある理由としましては、新しく導入するシステムキッチンの性能・グレードによって上下するからです。また壁紙・床材も張り替える必要があるのか、キッチンの位置を変えるのかによっても費用は大きく変わってきます。

こちらは例ですが壁付けのL型やI型キッチンの向きの対面型に変える場合は大体100万円前後かかり、その逆も同等の価格帯で実施が可能です。

  • それ以上かかるもの

大規模な配管工事やキッチンの位置移動などを行えば150万円以上かかってしまう可能性もあります。キッチンを2階に移動させたい場合は200万円以上の予算は見込んでおいてください。またキッチンにこだわりがあり高級品や特注品を採用する場合、広い範囲で内装の補修が必要な時は300万円以上の値段がかかる可能性もあります。

最終的にかかるコストに関しては必ず確認するようにしておきましょう。

キッチンをリフォームの注意点①キッチンの大きさ次第では持ち込めない

キッチンをリフォームの注意点の1つ目は、キッチンの大きさ次第では室内に持ち込めないケースがあることです。

キッチンルームに収まるサイズのキッチンをお願いしたとしても、搬入経路が確保できるかという点が、リフォーム時にはとても重要になってきます。築年数が古いマンションや土地の狭い分譲住宅など、階段やエレベーターが狭かったりすると持ち運べないケースもあり、理想のキッチンルームにできない可能性があります。

リフォームを依頼される場合、搬入経路にも問題がないかきちんと確認するようにしましょう。

キッチンをリフォームの注意点②マンションでIHクッキングヒーターは難しい

ガスコンロからIHクッキングヒーターへのリフォームを考えている方も多いかもしれません。一戸建てであれば契約アンペアを簡単に変更することができるので特に問題はないのですが、マンションになると簡単にはいきません。

マンションはマンション全体での電気容量が決められており、各戸の使用電力を大幅に変えることができず、大容量のIHクッキングヒーターを入れられないケースもあります。契約できるアンペア数については管理規約などに書いているはずなので、ガスコンロからIHクッキングヒーターに変更を行う場合は、あらかじめ変更可能なアンペア数の上限を調べておいてください。

まとめ

キッチンに主にかかる費用

キッチンに主にかかる費用の価格ごとに、リフォームができる範囲やリフォーム時の注意点を説明してきました。

キッチンといっても、リフォーム内容によっては多くの費用がかかりますので、依頼する前に「どこまで手を加えてもらうべきか」というのをある程度決めておくといいでしょう。

どうしても悩んでしまう場合、どこまで手を加えてもらうべきかわからない場合は、「株式会社石山総合サービス」におまかせください。

実績のあるスタッフが的確にアドバイスを行い、キッチンリフォームのお手伝いをさせて頂きますので、まずはお問い合わせください。

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031